高い防犯性のある鍵【イモビライザー機能とは電子的なロック】

対象のもの

ハートの鍵

警備会社の警備する対象

警備会社を利用する場合は、主に2つの業務において利用する事となります。ひとつは、赤外線セキュリティシステムや防犯カメラなど機器関連のコンサルタントで利用する場合、もうひとつは警備員を派遣してもらう場合です。もちろん、多くの場合この2つのどちらかだけを利用するのではなく、両方を組み合わせて利用しています。警備会社にコンサルタントを依頼する場合、警備の対象が何なのかを明確にする必要があります。例えば大使館などは外部からの侵入者に対しての警備が主業務となります。一方で、物流倉庫などでは、外部からの侵入者に対する警備も必要となりますが、内部で発生する盗難などに対する警備業務も発生します。それぞれにおいて、導入する警備方法も変わってきます。

警備員の入れ替えの重要性

外部からの侵入者や攻撃に対する備えとしては、警備員を配置し、車両や人、持ち物のチェックを行うことが一般的です。警備会社は、警備員に金属探知機などを配備し、侵入者の警戒に当たらせます。内部における窃盗などを防ぐには、警備員が従業員一人一人の持ち物を検査する、廃棄物に窃盗品が紛れ込んでいないかをチェックするというような警備態勢を敷くこととなります。しかし、いずれの場合も警備員が悪意のある第三者と結託してしまった場合、そのセキュリティシステムは脆くも崩れ去ってしまいます。そこで、多くの警備会社は定期的に警備員の入れ替えを実施します。逆に、警備員を自社で賄っている場合は、警備員の入れ替えがやりにくく内部からの不正が起こりやすいリスクを抱えてしまいます。